NISA(ニーサ)で損する場合とは?

金融

いよいよ2014年からNISA(ニーサ)少額投資非課税制度が始まります。
ひとり年間100万円、総枠500万円までの投資の利益・配当が非課税になります。
いいことづくめのように思っていますが、
ほんとに損することってないのでしょうか?

スポンサーリンク

NISA(ニーサ)でうっかり損しないために知っておきたいこと

まず、気をつけなければいけないことは、
・各回の非課税期間は5年間であること。(何月からでも年末まで)
・NISAは平成35年(2023年)までの制度であること。
です。

NISA(ニーサ)で損する場合

たとえば、100万円で購入した株が5年経過後80万円になっていたら、
80万円の資産として一般口座に移ることになります。
その後、株価が100万円に戻ったので売却したとします。
すると、80万円の株が100万円になったとみなされ、20万円に課税されてしまうのです。

2013-10-01_2222

つまり、NISAは、口座内で利益が出た場合は非課税になってメリットがありますが、損失を出した場合は、課税されてしまうことがあるのです。

とはいえ、「株の公式」にならって売買を始めてから、一回の投資期間は長くても半年でした。もちろん一年間に100万円全額投資することはありません。なので、NISAで損をすることはないので大いに利用させてもらおうと思ってます。

NISA(ニーサ)は株式だけじゃない

NISAは株式だけでなく、投資信託などほかの金融商品にも利用できますので、5年の期間に注意してじょうずに利用したいですね。

わたしがメインに株式投資しているSBI証券では、2014年に限り、NISAだと売買手数料が無料になります。ほかの金融機関でも同じようなキャンペーンが行われると思いますので、利用したい金融商品の取り扱いがある金融機関の中で、便利なものや使いやすいところを吟味して選びましょう。

4月からは消費税が8%になりますし、順調に景気が回復してくれることを祈りたいですね。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ
金融
スポンサーリンク
おかしをフォローする
主婦のぷち株投資ブログ