ポジションバランスより予想を重視した結果

book-1421097 ぷち株トレード

あれほどバランスが大事だと言ってたのにやっちゃいました。

買い3つと売り1つ、最後の5つ目ポジションは?

波乗りトレードで持てるポジションは5つ。

高い買い3つと低い売り1つのポジションを持っていた場合、バランスを考えたら次は売りポジションなんですよね。

それがどうしてもできなくて、あろうことか4つ目の買いポジションを持ってしまったんです!

久しぶりに400円を切って300円台の株価になるという下げ相場。

低いと思っていたたった一つの売りポジションに利益が出るほど株価が下げてきたんですね。

ポジションバランスを考えたら当然売りポジションを持つ場面です。

それなのに300円台の売りポジションを持つことなんて考えられなくなってしまったんです。

ポジションが取り残される恐怖でパニックに。

たった一つの売りポジションは低い。そういう意識から抜けられなかったんですね。

持ってるどの買いポジションよりも安値だったからかもしれません。

株価はすぐに反転し、売りポジションがまた取り残されるのではないかという心配ばかりが先立つようになったんです。

根拠もなく、株価は400円台にすぐ回復するという予想にとらわれるようになりました。

そうすると、売りポジションの利益を早く確定しないと! とあせるようになります。

300円台で売りを入れるなんてとんでもない! と思ってしまったというわけです。

ポジションバランスをとることよりも、たった一つの売りポジションの利益確定を優先し、5つ目の買いポジションを持ってしまったんです。

スポンサーリンク

ポジションバランスに優先する取引はない!

冷静に考えると、ポジションが一時的に取り残されるのと、ポジションバランスが悪くなるのと、どっちが危険かは考えるまでもありません。

株価は予想してはいけない。それが鉄則だったはずでした。

実際株価はその後下がり続け、ポジションを使い果たしてなすすべがない状況が続いてます。

ほんと反省しました……。

ポジションバランスに優先する取引はないんですよね。

ポジションの高い低いは絶対ではなく相対的なもの。バランスをとってはじめて損失を最小限にやり過ごせるチャンスが得られるのでした。

そんな基本中の基本を簡単に忘れてしまうほど冷静さを失ってしまったんですね。

波乗りトレードは、ポジションバランスで損失を抑え、利益を積み重ねていく方法です。

そのことをいつもどんなときも心に留めておかないといけないと猛省したのでした。