資金40万プチ株投資波乗りトレード履歴公開します!

abstract-2384 ぷち株トレード

2016年9月から資金40万円で始めた波乗りトレードの経過を紹介します。

今のところプラスです。

このところあまり動きがありません……。

スポンサーリンク

2337いちごを選んだ理由

40万円という小資金です。

信用取引できる総額はおよそ120万円。

5分割すると、1ポジションあたり24万円です。

いちごは1単位株が4万円前後と安い!

取引額も多い一流企業です。

ただ不動産系の会社で比較的新しい。将来は未知数。

値動きが穏やかなので、波乗りトレード的には物足りなさを感じないではありません。

過去4年のシミュレーショントレードを5回実践したところでは、いずれも20%以上の利益が出せ、損失を出すことはありませんでした。

少ない種銭を安全に増やすには悪くない銘柄だと思っているんですが、ほかにもっとふさわしいものがあるかもしれません。

わたしは引け値トレードなどでこの銘柄の値動きに慣れていたこともあって、ほかの銘柄を調べることなく選びました。

でも資金が100万円になったら、波乗りトレードの先生である下山氏が実践している「ブリヂストン」クラスの銘柄に乗り換える予定です。

2337いちごの取引履歴

ご覧のように、12月の取引は1回だけでした。

現在のポジションはピンク欄の5ポジション。含み損が26,700円(1/8現在)です。

ほんとは11/10付432円の買いポジションを12/6の443円売りポジションと相殺決済するつもりだったんですが、指値注文に失敗して処分できませんでした……。休み明け早々にプラスで決済したいところです。

もっとうまく波乗りする方法があるのかもしれませんが、まだ迷いながらの模索中です。

波乗りトレードでは、株価よりもポジションバランスが大事なんですよね。

ときには高値と思えるような買いポジションや安値と思えるような売りポジションでも、バランスをとるためにあえて持つようにしたほうが結果的によかったりします。

欲張って少しでも多くの利益をとろうとするよりも、地道にこつこつ利益を積み上げていくようにしたほうがうまく株価の動きについていけるようです。

波乗りトレードができる銘柄のとくちょうは、制度信用の期限6カ月までに、たいていのポジションが損しないで決済でき、たとえ個別のポジションが損をしても、トータルでは損しない値動きをするものです。

なんか難しいように思いますが、信用取引ができて、取引額が多く、値動きがそこそこある銘柄は、ほぼ波乗りトレードできるみたいです。

実践前に過去データでシミュレーションし、10回練習すれば間違いないです。

と言っても、過去は過去。シミュレーションはシミュレーション。実践とは違うんですよね。

これからも順調に利益を積み上げていけるか?

ドキドキです。