ケンミレ式がグッドイシュー式に

goodissue2158 株の公式

ものすごく久しぶりに記事を書きます。

2013年の秋以来なので、2年弱休んでしまいました。

その間に株式市場はすっかり活気が戻ってきましたね。もう少し粘れていたらなあと思うのですが、お金も気持ちも力量不足で退場しておりました。

ぼつぼつ勉強再開しようと思い立ち、久しぶりにケンミレ式の年初来高値を見ようとしたら、ケンミレ式が消えてました……。

スポンサーリンク

グッドイシュー式年初来高値ランキングを見る。

どういういきさつなのかわかりませんが、ケンミレがグッドイシューという名前に変わっただけで、中身はどうやら同じみたいなのでホッとしました。

この年初来高値というのは、過去15ヶ月で高値を更新した銘柄のランキングです。

「株の公式」では数年来高値(過去2?3年間の高値)を抜いた銘柄が買いの候補になります。グッドイシューは過去15ヶ月なのでちょっと短い。でもこのグッドイシュー式年初来高値情報が一番近い情報みたい。

あとは一つひとつチャートを見てチェックするしかない。

今日は株価が上がったようで、グッドイシューの年初来高値にランキングした銘柄が全市場で5ページ、250銘柄もありました。

グッドイシューの無料チャートが便利。

とりあえず、銘柄番号と単位株の価格を全部書き出します。

その中で投資可能な価格の銘柄に絞ってチャートを見ていきます。

チャートは10年以上の月足と2年以上の週足、あとは始値、高値、安値、終値と出来高がわかるものがいい。

グッドイシューの無料チャートならすべて見られます。ポイントすると、その日の4つの値と出来高が表示されるので便利です。

chart2121

数年来高値(過去2?3年間の高値)を抜いた銘柄とは?

グッドイシュー式年初来高値からピックアップした銘柄のうち、投資可能な株価の銘柄のチャートを見ていきます。そして、その年初来高値が過去2?3年間の高値を抜いている銘柄に絞ります。

さらにその数年来高値が保ち合い抜けかどうかを判断します。保ち合いとは、値動きがほとんどないか小幅な値動きが続いている状態を言います。こうした保ち合い状態から抜け出た高値は、その後伸びる可能性が高いと言われてます。

でも、チャートを読むのはそう簡単じゃないんですね。いろいろ例外もありますし、だまされやすいパターンもあるんです。実際のチャートは複雑ですからね。

チャートはめんどくさがらずに見て見て見まくって、自分なりに技術とかセンスを磨いていくしかないみたいです。修行ですね。

あと、失敗したパターンもどこが悪かったかを検証して覚えておいたほうがいいんですよね。今回はきっちりそこのところもやっていくつもりです。

ゲームオーバーにならないようにがんばります!