売りの公式の確認

ご覧いただき、ありがとうございます!

株を買ったら、毎日ダイアリーをつけて、売りのタイミングをはかります。
「株の公式」のいいところは、いつ売ろうかいつ売ろうかと、
どきどき迷って落ち着かなくなる必要がないことです。

スポンサーリンク

直近の四半期の利益が前年同期と比べて20%未満だったら売り

決算短信は年に4回、3ヶ月ごとに発行されるので、持ち株の最新データは必ずチェックします。
四半期データの算出の仕方はこちら
わたしの今持っている銘柄の次回決算短信は11月発行です。
11月まではこの公式による売りはありません。

会社の不正や事故が発覚したら売り

これは当然でわかりやすいですね。
最近では某電鉄会社、大手銀行などがありました。
でも、わたしが購入するようなマイナーな会社の場合、一般のニュースでは報道されなくて、
知るのが遅れるかもしれないことがちょっと心配です。
新聞もうちにくる一般紙一つだけチラ見するぐらいなので。

株ダイアリーで売りサインが出たら売り

いちばん一般的な売りがこのダイアリーによる売り圧力レシオのサインです。
売り圧力レシオが116?118%になったら売りです。
株ダイアリーのつけ方はこちら

買値より8%株価が下がったら売り

「株の公式」の著者である林氏は、この売りの公式が一番大事だと述べています。
いわゆる損切りですね。
これがなかなかできないんですよね。

わたしも投資していない冷静なときは
「そうだそうだ」
なんて思えるのですが、持っているとなぜかだらだら持ち続けたくなるからふしぎです。
魔物ですね。

でも、公式として8%というふうに決めてしまえば迷わずにすみます。
こうして一時的にきちんと損を確定することで損失をコントロールし、
投資が続けられるようにするんですね。
投資するお金がなくなってしまっては何にもなりませんから。

にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

************************************

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
スポンサーリンク

ご覧いただき、ありがとうございます!

フォローお待ちしています!