10万円で始める株投資

ご覧いただき、ありがとうございます!

「10万円で始める日本株!」ダイヤモンド・ザイという雑誌の見出しです。小資金で株投資を始める人が増えてきているのかもしれませんね。労働収入が基本ですが、それだけでは心細いと思っちゃいます。でも、投資は儲けるじゃなく損しないことを鉄則ですよ。そうでないと、なけなしの資金を増やすどころか、たいへんなことになりますよ。

スポンサーリンク

銘柄選びの考え方

投資株は自分で選ぶ

高値買いと底値買いどっちが正解??

株式投資について、専門家がいろんなことを言っています。投資銘柄を選ぶとき、わたしは「株の公式」にならって数年来の新高値をつけた銘柄の中から選んでいますが、じつはまったく違った考えをしている人もたくさんいます。高値づかみをしてはいけないということで、高値をつけた株を選んではいけないといったことも一般によく言われます。その一方で、プロの投資家たちの間で高値をつけた銘柄を購入するのは常識になっているそうです。
いったいどっちが正しいと思いますか?
こんなふうに、株式の投資の仕方には人の数だけやり方があります。株投資で成功している人の方法をいくらそのとおりにまねしようと思っても、資金や環境、心理的な動きがみな違うので、まったく同じようにはできないんです。どんな優秀な人も勝ちっぱなしというわけではありません。優れた投資家は、勝率が高いんですね。

自分が納得できる方法を見つける

いちばんマズイのが
「証券会社の人に薦められたから」
「雑誌の特集で掲載されていたから」
「人気だから」
といって、ろくに知りもしない、調べない銘柄を何となく買ってしまうことです。
たいていの人があてはまるのではないでしょうか。わたしももれなくこうしたグループの一人でした。
むずかしいことはわからなくてもいいんです。自分でできる範囲で調べて、自分なりのルールをクリアした銘柄を購入すればいいんです。自分のルールを持って投資するだけで、多数の一般投資家から一歩抜け出すことができます。

「株の公式」が自分の投資ルール作りに役立ちます

銘柄選びの方法がわかる

「株の公式」では、新高値投資法といって、数年来の新高値をつけた銘柄から投資銘柄を絞っていくのですが、この考えに納得できない人も、銘柄の絞り方やチャートの見方など、「株の公式」では、株投資のごく基本的なことがとってもわかりやすく学べると思います。
著者のやり方を押し付けるような本ではないので、株投資をふつうに学びたい人におすすめです。自分なりのかんたんな投資ルールが作れるようになる本です。

売りのタイミングがわかる

「株の公式」では、株価の天井の見方も解説されています。いくつか方法があって、それぞれが一長一短だとあります。その中でわかりやすいおすすめの方法が「株の公式」オリジナルの売り圧力レシオを算出していく方法です。
売りのタイミングは、データよりもつい心理的なものが大きく影響して失敗することが少なくありません。納得できるルールをしっかり守るということを実践するだけでもかなり投資の実力が上がるのではないかと思います。

「株の公式」で安心して豊かになれる株投資を

投資を始めたのはいいけれど、しじゅう落ち着きなくイライラしているのでは何にもなりませんよね。「株の公式」で自分のルールができていれば、銘柄選びも何だか楽しいものになるから不思議です。知らないうちに投資会社周辺のことがらや世の中の動きについても関心がもてるようになりました。ちょっと気持ちが豊かになっておもしろいですよ。
「株の公式」にならってからは、大きく儲かるスター株にはめったにお目にかかれなくても、ほとんどは損しない程度に儲けてくれるこづかい株にはなってくれています。大きく損する銘柄はありませんでした。これってスゴイと思いませんか?
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村

************************************

★お好きなタグをクリックして応援していただけると嬉しいです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(50代)へ にほんブログ村 株ブログ ミニ株・プチ株へ にほんブログ村 その他生活ブログ マネー(お金)へ
スポンサーリンク

ご覧いただき、ありがとうございます!

フォローお待ちしています!